Re:RXJ Station

RX-JUNのブログです。ガジェット系ニュース、テクノ系音楽、カメラ、バイクの話題、アニメ、英語、本や音楽のレビューなどをだらだらと駄弁ります

ル・マン24時間レースは中嶋一貴組トヨタ8号車が2連覇

response.jp

car.watch.impress.co.jp

f:id:rxjun:20190619064123j:plain

例年この時期恒例のル・マン24時間レースが今年も開催。 WECのスケジュール変更により、2018-2019年越しの1年半に及ぶシーズン最終戦となった今回のル・マン

昨年悲願の総合優勝を達成したトヨタが2連覇達成。 まあ最高峰のLMP1クラスでワークス体制なのがトヨタしかいなくて実質ライバル不在で「勝てて当然」とは言え、そこは24時間の耐久レース。 何が起こるか最後まで分からないのがル・マンの恐ろしいところ。

2016年は優勝目前、あと3分でマシンストップという悲劇もあった rxjun.hatenablog.com

response.jp

今年も2台体制で望み、ほぼノートラブルの盤石の体制だったけど、トップを走っていた小林可夢偉らの乗る7号車は残り1時間でタイヤトラブルによる2度のピットストップで8号車に首位を明け渡し2位。

小林可夢偉は2年連続で優勝を逃す悲劇。

中嶋一貴はこれでWECの年間総合優勝も獲得。FIAのサーキットレースで日本人選手が年間総合優勝を勝ち取るのはこれが史上初だそうで。 (サーキットでは無いラリーでは新井選手などの前例があるけど)

car.watch.impress.co.jp

WECは新しいシーズンから体制やマシンなどの変更もありそうで、次シーズン以降もどうなるか楽しみですね。

ジロ・デ・イタリア 102代目優勝者はリチャル・カラパス!!

f:id:rxjun:20190511213222p:plain
ジロ・デ・イタリア

ジロ・デ・イタリアも最終3週目

いよいよ山岳も本格化し、2週間走って疲れ切った選手達がいよいよ生き残りをかけて熾烈な争いが繰り返される面白いレースとなりました。

総合は、マリア・ローザのカラパスとランダを擁するモビスター、ニバリが上位に食い込むバーレーンメリダが常にアシストを安定して配置しているのに対し、ログリッチェ所属のユンボ・ビスマはアシストが安定せず、山岳ステージでは序盤でほぼ脱落しログリッチェが孤軍奮闘する状態が続いた。

www.cyclowired.jp

www.cyclowired.jp

フィジカル面で圧倒的な強さを誇っていたログリッチェも、さすがにグランツールの山岳ステージともなると、アシストの援護が無いことでやはりジワジワと疲労を蓄積していった。

サイクルロードレース個人競技では無くチーム戦であることの恐ろしさをまざまざと見せつけられた気がする。

3週目唯一の平坦ステージとなった18ステージでは、何とイタリア・日本の合同チームであるNIPPOのチーマが序盤から逃げを形成し、最後の最後までギリギリメイン集団からに下切りステージ優勝!NIPPOとしての初のグランツールステージ制覇となり、盛り上がりました。

20ステージは最後の山岳ステージで、総合勢としては最後のしのぎ愛でしたがここで残念な出来事が2つ

1つは山岳の登りで遅れはじめたログリッチェの自転車を沿道の観衆が押してしまったこと。このことによりログリッチェはゴール後10秒のペナルティを負うことに。

もう一つはヤングライダー賞ジャージトップを走っていた、ミゲル・アンヘロ・ロペスがやはり山岳の登りで興奮した観客と衝突。 落車した後に観客を殴ると言う暴挙。

このことにより大きくタイムを落としてしまうが結局ペナルティは無かった模様。

いずれも、マナーを守らない観客による不幸な事故でしたが、あまり後味は良くありませんでした。

www.cyclowired.jp

この時点で、マリア・ローザのカラパスが総合2位のニバリと2分近い差を付け、ほぼ総合優勝を確実にした。

最終日は個人タイムトライアル。

初日と第9ステージの2つのタイムトライアルを制したログリッチェでしたが、さすがに疲労が大きく最終ステージでは思うようにタイムを伸ばせず。 それでもランダを上回り、3位表彰台を獲得。ニバリとカラパスの順位は変わらず、カラパスが悲願の総合優勝を獲得。

エクアドル出身としては初のグランツール制覇となった。

www.cyclowired.jp

結果としては

ジャージ 選手 チーム
マリア・ローザ(総合優勝) リチャル・カラパス モビスター
マリア・チクラミーノ(ポイント賞) パスカル・アッカーマン ボーラ・ハンスグローエ
マリア・アッズーラ(山岳賞) ジュリオ・チッコーネ トレック・セガフレード
マリア・ビアンカ(ヤングライダー賞) ミゲル・アンヘロ・ロペス アスタナ
マリア・ネッラ(最下位) 初山翔 NIPPO

最下位のマリア・ネッラはかつては存在したジャージだったけど暫く廃止されていたそうです。 ただ、今大会で日本人の初山翔選手の活躍でイタリアでの人気に火が付き、特別に今回はマリア・ネッラを贈呈することになったそうで。

最下位とは言え、3週間3,500km以上を完走しただけでも十分凄いです。 今回を糧にして、より一層上位に上がれるように頑張っってほしいですね。

何にせよ3週間白熱の争いが観られました。

当初は、ログリッチェ圧倒的有利などと言われていましたが終わってみれば、着実なチーム全体によるアシスト体制が揃っていたモビスターやバーレーンメリダがきちんと成果を出していることが分かるなど、サイクルロードレースの難しさ、面白さを体感できた3週間でした。

また来年も楽しみです。

ジロ・デ・イタリアは終わったけど、来月はいよいよツール・ド・フランス!! こちらも楽しみです!

www.jsports.co.jp

僕のジロ・デ・イタリア

僕のジロ・デ・イタリア

「名探偵ピカチュウ」と「プロメア」観てきました

先週、今週と相次いで映画を観てきました

「名探偵ピカチュウ

meitantei-pikachu.jp

あの「ポケモン」をはじめて実写で映画化したと言うことで話題になっていたこの作品。


【公式】映画「名探偵ピカチュウ」予告①

正直、観る前はオッサン言葉で話すピカチュウの予告編で色モノ感あったんですが、意外と(失礼)普通に観られる映画でした。

ポケモンをバトルではなく、一緒に暮らす「相棒」として共存するライムシティがメインなので所謂「ポケモンボール」は序盤にしか出てきません。 ポケモンを知っている人なら色々ニヤニヤ出来るところは多いでしょう。メインのゲームで無くても「ポケモンGo」しか知らない人でも十分楽しめそうです。

ネタバレになるので詳細は言えませんが、何故ピカチュウがオッサン声で話すのかは終盤でその理由が分かります。

事前にあまり情報を仕入れてなかったのですが、渡辺謙が出ていたり日本語版で主人公のティムの吹き替えを担当している竹内涼真カメオ出演していたりしたのでちょっと驚きました。

細かいところを言えば色々ツッコミどころはあるんですが、ポケモン好きなら観ておいても良いかもしれません。


「プロメア」

promare-movie.com


映画『プロメア』ロングPV 制作:TRIGGER  5月24日〈金〉全国公開

天元突破グレンラガン」「キルラキル」を製作した監督・今石洋之、脚本:中西かずきの黄金コンビが再び組んだTRIGGER製作の映画。

観てきましたが、とにかく熱い!無駄に熱い!

炎を操る特異体質の人種「バーニッシュ」のリーダーであるリオ・フォーティアと火消し消防隊の「バーニングレスキュー」の新人隊員のガロ・ティモス、そして自治共和国「プロメポリス」の司政官クレイ・フォーサイトを軸として物語が展開していくが、色んな意味で「グレンラガン」のセルフオマージュ的な所がありそう。

まず、ガロのキャラクターデザインがグレンラガンのカミナによく似ている。

f:id:rxjun:20190602225333j:plain
グレンラガンのカミナ
f:id:rxjun:20190602225351j:plain
プロメアのガロ

そして、終盤に出てくるロボットが殆どグレンラガンぽい。二人で一つのロボットを操作したり、ドリルを使ったりしてる。

ストーリー的にも、構造が似ていて

  • グレンラガンにおけるアンチスパイラル

  • プロメアにおけるバーニッシュ

の存在意義がよく似ている。 色んな意味で制作陣が「グレンラガン」や「キルラキル」でやろうとしていたことを更に高いレベルで昇華させようとしていたいたんだろう。

映像的にもかなり凝っていて、特に戦闘シーンの異常なほど目まぐるしくキャラクターを煽るように動き回るカメラワークが圧巻。 恐らくレイアウトが死ぬほど大変そう。


映画『プロメア』冒頭アクションシーン 制作:TRIGGER  5月24日〈金〉全国公開

正直、「進撃の巨人」でWIT Studioが見せた立体機動装置にあわせたカメラワークの動きも圧巻だったが、「プロメア」はそれを上回っていた。


進撃の巨人第11話の立体機動が凄すぎる件

あと、意図しているのかどうか分からないが、「プロメア」の映像が全般的にキャラクターや背景、そしてバーニッシュの出す「炎」の造詣が比較的平面的で、いわゆる「ポリゴンっぽさ」がありました。何となく、セガのゲーム「ジェットセットラジオ」を思い起こしたのは私だけか?


JSRF - Jet Set Radio Future OP

とにかく「グレンラガン」や「キルラキル」が好きな人であれば、「プロメア」も絶対合うはず。 多少の無理や矛盾は勢いでぶっ潰す!

劇中に様々に貼られた伏線も最後には綺麗に回収され、後腐れ無くスッキリ観られるので、元気になれる映画です。

オススメ!

「プロメア」オリジナルサウンドトラック

「プロメア」オリジナルサウンドトラック

ジロ・デ・イタリア マリア・ローザの混迷続く2週目

f:id:rxjun:20190511213222p:plain
ジロ・デ・イタリア

休息日を挟んで2週目。

前半は平坦ステージだが、11ステージ目でイタリアチャンピオンジャージを着るヴィヴィアーニがジロを去る。

www.cyclowired.jp

ヴィヴィアーニは第3ステージでトップフィニッシュするも、斜行をし走路妨害をしたと判定されて勝利取り消し、且つ-50ptのペナルティ。 この後のスプリントステージでも何度か上位に食い込むチャンスはあった物の、結局モチベーションを維持できずにジロから離脱。

スプリンター達のポイント賞(マリア・チクラミーノ)は事実上アッカーマンとデマールの2名に絞られた。

12ステージからはいよいよ本格的な山岳ステージが始まり、総合優勝争いが本格化する。 総合ジャージのマリア・ローザも頻繁に移動し

  • 10〜11ステージ ヴァレリオ・コンティ(UAEチーム・エミレーツ)

  • 12〜13ステージ ヤン・ポランツェ (UAEチーム・エミレーツ)

  • 14〜15ステージ リチャル・カラパス(モビスター)

と目まぐるしく入れ替わる。 山岳に入ると

等の各チームエース勢が山岳で熾烈なアタック合戦を広げるなど目の離せない争いが続いた。

特に、ログリッチェは総合優勝の最有力と見られていることから、各チームからのマークも厳しい上チーム(ユンボ・ビスマ)のアシスト勢が山岳にあまり強くないことから、孤軍奮闘を強いられている中、ランダ、カラパス擁するモビスターがチーム戦略を駆使して攻めるなど、チーム毎の戦力差や作戦が垣間見える。

そんな中でも、1週目ではあまり良いところ無く遅れていたサイモン・イェーツ(ミッチェルトン・スコット)が、終盤の14〜15ステージで上位フィニッシュをしてジワジワと総合順位を上げているのも気になります。イェーツは体格的には小さく小兵ながら頑張っているところが自分に通じるところがあって応援したくなります。

そして、ログリッチェは2週目最後の15ステージでガードレールに激突し転倒。

総合2位に付けているもののややタイムを落とした格好。

www.cyclowired.jp

比較的、逃げが成立してそのままステージ優勝を収める事が多かった2週目。 総合上位も日々激しく変動し、絶対的な強者が居ないため混沌としつつ有る。

休養日を挟んでいよいよ明日から最終の3週目。最終日はタイムトライアルだが、最後の最後にマリア・ローザを着ているのは果たして誰なのか? まだ全然先が読めなくて楽しみです。

ジロ・デ・イタリア、ログリッチェの強さが目立つ一週目

f:id:rxjun:20190511213222p:plain
ジロ・デ・イタリア

ジロ・デ・イタリアもようやく長い長い1週目が終了。 様々なことが起きました。

今回は初日からITT(個人タイムトライアル)。 大会前から絶好調を伝えられていた、ユンボ・ビスマのログリッチェが圧倒的な強さを見せつけITTを制覇。

初日からマリア・ローザ(総合賞ジャージ)を身につけることに。

一方では残念なニュースも。

今回、ニッポチームから初山翔選手と西山大輝選手の二名の日本人が参加していましたが、西山選手は不調で力が出せず初日で大きく出遅れタイムアウト扱いとなりリタイアとなってしまった。初のグランツールが苦いデビューとなってしまった。

www.facebook.com

もう一人の日本人選手、初山翔選手は3日目でなんと一人逃げ。

最終的には吸収されましたが、序盤から約145kmを単独で走行し、この日のフーガ賞(区間逃げ賞)を獲得。鮮烈なイメージを与えました。

一昨年のジロ・デ・イタリア総合優勝、昨年も2位で今回も優勝候補の一人と目されていたサンウェブのトム・デュムランは4日目の終盤で、落車に巻き込まれて負傷。

膝を痛め、タイムを大きく失ったが4日目は何とか完走したが、翌5日目の途中でリタイア。 残念な結果となりました。

6日目は今大会最長クラスの238km。初日からマリア・ローザをキープしていたログリッチェが事前に

「一旦マリア・ローザを明け渡しても良い」

とコメントしたせいか、序盤から他チームの果敢な逃げが成立。

一方のログリッチェは序盤で転倒に巻き込まれ、臀部を負傷。

痛々しい姿ですが、大きな影響は無かった模様。

ただ、この日は大逃げが成功して、総合ジャージはUAEチーム・エミレーツのヴァレリオ・コンティに移動。

www.cyclowired.jp

グリッチェやサイモン・イェーツを始めとする優勝候補勢は7分以上遅れることに。

ただ、絶好調のログリッチェにとってはこれだけ差が付いても何も問題はなさそう。

1週目の最終日となる、昨夜の第9ステージはまたもITT(個人タイムトライアル)。

初日でも圧倒的な強さを見せたログリッチェがこの日も圧倒。雨が降りしきる厳しいコンディションだったがタイムトライアルを制した。

マリア・ローザにはまだ届かないものの、一気に5分以上縮め総合2位まで返り咲き。 一方で総合優勝のライバルと目される、ミッチェルトン・スコットのサイモン・イェーツはやや出遅れて総合24位まで後退。

www.cyclowired.jp

様々な波乱もありつつ、現時点ではログリッチェが圧倒的な強さを見せつけているようですね。 今日(5/20)は一旦休息日を挟んで明日からは2週目が開始。

好調のログリッチェがこのまま盤石の体制を築くのか・・・、はたまた他のライバル勢が盛り返すのか。 2週目以降も楽しみです。

遂にオンキヨーも・・・淘汰と整理が進むAV機器各社

音響機器等の老舗ブランドのオンキヨーが採算悪化にともなってAV機器事業を手放すことになったそうで。

av.watch.impress.co.jp

f:id:rxjun:20190519083941j:plain
オンキヨーのAVアンプ

オンキヨーは2014年にかつてのパイオニアのAV機器事業と統合していました。

av.watch.impress.co.jp

今回、事業譲渡されるSound Unitedは2017年にデノンとマランツの事業も統合している。

www.phileweb.com

つまり、巡り巡って

と言う、オーディオ/AV機器ブランドがいつの間にか一つの企業グループに統合されてしまった形ですね。

f:id:rxjun:20190519084852j:plain
デノン
f:id:rxjun:20190519084906j:plain
マランツ
f:id:rxjun:20190519084916p:plain
オンキヨー
f:id:rxjun:20090401183628j:plain
イオニア

かつては、「ホームオーディオ」は趣味のステータスとしては一定の地位を確保していたけど、携帯音楽プレーヤーやスマホ等の台頭で音楽はポータブルで聴くことが当たり前となり、騒音などの問題で自宅でオーディオセットを組んでも思い通り鳴らせない等、ホームオーディオは一部のマニアだけのマイナーな地位となり市場はどんどん縮小してしまった。

今、恐らく国内メーカーで単独ブランドでAV機器事業を維持できているのはヤマハソニーくらいか?

jp.yamaha.com

www.sony.jp

昔は各ブランド毎にアンプやスピーカー等に独自の技術を持ってそれぞれ個性的な音を出していたけど、それらが淘汰を繰り返し今や風前の灯火。 自分もマニアと呼べるレベルでは無いが、自宅にアンプやスピーカーを揃えている「にわか」オーディオ好きですが、こう言ったブランドが凋落していくのを見るのは少し悲しいですね。

rxjun.hatenablog.com

Marantz AVレシーバー Dolby Atmos Height Virtualizer/ブラック NR1710/FB

Marantz AVレシーバー Dolby Atmos Height Virtualizer/ブラック NR1710/FB

GoogleがPixel3の廉価版、Pixel3aを発表

store.google.com

少し前から情報は出ていた、Pixel3のの廉価版Pixel3aシリーズがリリース。

f:id:rxjun:20190508224019j:plain
Pixel3a

仕様 Pixe3a Pixel3a XL
サイズ 151.3 x 70.1 x 8.2 mm 160.1 x 76.1 x 8.2 mm
重量 147g 167g
画面サイズ 5.6インチ 6.0インチ
プロセッサ Qualcom Snapdragon 670
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ 64GB
カメラ(背面) 12.2Mピクセル F1.8
カメラ(前面) 8Mピクセル F2.0
対応バンド(2G) GSM / EDGE クアッドバンド(850、900、1,800、1,900 MHz)
対応バンド(3G) UMTS / HSPA+ / HSDPA: 対応バンド 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
対応バンド(4G) LTE: 対応バンド 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 21 / 26 / 28 / 38 / 41
Felica 対応
カラー Clearly White/Just Black/Purple-ish

基本的にはサイズ以外はPixel3aとPixel3a XLのスペックは同じ。 プロセッサも、メモリサイズなども含めて所謂ミドルレンジ相当と言っても良いですが、よほど高負荷のゲームとかでもしない限り、恐らく普段使いではほぼ困らないレベルかと。

価格もその分お安め

モデル 価格
Pixel3 XL ¥119,000
Pixle3 ¥95,000
Pixel3a XL ¥60,000
Pixel3a ¥48,600

ざっくり半額と言っても良さそう。

「Pixelが欲しいけど高い」と思っていた人にとっては待望のモデルとも言えそう。

高値安定のiPhone X/XSと比較するとかなり割安感があるが、どちらかと言うとiPhoneよりもAndroidの中低価格帯の端末が打撃を受けそう。

かつて、Googleが謹製端末としてNexusを出していた頃も、7インチタブレットのNexus7がコスパが高く、iPadよりもAndroidタブレットの市場を食い潰していった事があったけどそれに近いことが起こったりして。

f:id:rxjun:20190508224120j:plain
Nexus7

Google Pixel3 64GB 本体 ドコモ (black)

Google Pixel3 64GB 本体 ドコモ (black)

連休中に仕事や勉強のことでいろいろ思い悩んでみたり

もうすぐ連休が終わりますが、連休中はあまり遠出すること無く、部屋の掃除したり、溜まった録画を消化したり、比較的インドアで過ごしました。

そんな中でも、余った時間で以前買ったまま積ん読にしていた本を読んだりしていました。

システムインテグレーション再生の戦略 ~いまSIerは何を考え、どう行動すればいいのか?

システムインテグレーション再生の戦略 ~いまSIerは何を考え、どう行動すればいいのか?

SEは死滅する 技術者に未来はあるか編

SEは死滅する 技術者に未来はあるか編

インターネット白書2019 デジタルファースト社会への大転換 (NextPublishing)

インターネット白書2019 デジタルファースト社会への大転換 (NextPublishing)

やはり、SI屋の片隅で飯を食っている身としては、昨今の技術トレンド、これからのSIerがあるべき道については正直不安もあります。 これらの本の中でもやはり、モノによってはポジティブにあるいはネガティブに様々に論じています。

ただ、どれにも共通しているのは「新しい事を勉強する、取り入れる努力は必要」とのこと。

まぁそうですよね、今までと同じ事をやっていたらダメですよね。 正直、あまり勉強できていない自分にとっては耳が痛いことばかり。

ただ、一方で技術やトレンドの進歩が速すぎかなぁと思うことも。

note.mu

ここで述べられているツールの話は、やや皮肉過ぎてアレですが、新しいツールなり技術なりが多くてラーニングコストのリスクがバカに出来ないなぁと思うことも暫し。

  • 新しい技術を勉強して導入してみたが、1〜2年で陳腐化したり

  • 様々な類似技術が乱立し習得した技術が、主流にならずに結局勉強したことが無駄になったり

学び続けることは大事ですが、必要な技術をきちんと見きわめて適切に学ぶのが実はとても難しい世の中になってるんじゃ無いかなぁ、と思ったり。

私は技術は人を助けるモノ、人の役に立つモノであるべき、と思うのですが、乱立する技術が人を悩ませたり、苦しませたりするのは本末転倒だと思うし、進歩に着いていけない人をふるい落とし、弱者の再生産を繰り返すことは発展に繋がらないと思う。

誰もが使える、理解できる技術こそ進歩もするし、普及すると思う。良い意味でコモディティ化すべきと。 キャズムを超えずに消えていく技術が少なくないなぁ。

cyber-synapse.com

そんなことを思う連休最後の日でした。

「平成」とはなんだったのか

いよいよ、明日で「平成」が終わる。

昭和生まれの私にとっては二度目の元号変更だが、思えば平成という時代は色々なことが劇的に変わった時代だった。

テクノロジーによって人々の生活が大きく変わった時代だったと言えるのではないか。

平成が始まったのは1989年、この前後からネットワークやテクノロジに関わる生い立ちを追ってみる

続きを読む