Re:RXJ Station

RX-JUNのブログです。ガジェット系ニュース、テクノ系音楽、カメラ、バイクの話題、アニメ、英語、本や音楽のレビューなどをだらだらと駄弁ります

人にやさしく

2021年に入ってから全くブログを書いていなくてアレですが、まぁ何とか頑張ってます。

昨年から、色々病院のお世話になることが多かったです。

rxjun.hatenablog.com

rxjun.hatenablog.com

コロナ禍の中で色々尽力していただいた病院、医療スタッフには本当に感謝しかありません。

と、同時に生々しい話をするとやっぱり病院にお世話になるにはそれなりに色々お金もかかる訳で・・・

まともに医療費を負担するとおサイフ的にも結構キツかったりします。

ただ、そこは色々な制度が有りこれらを最大限活用させてもらいました。

医療費負担が一定額を超えた場合に所得に応じて一部が控除される医療費控除制度 www.nta.go.jp

出産に関連する費用を最大42万円程度まで補助してもらえる出産育児一時金制度 www.kyoukaikenpo.or.jp

医療費が高額になりそうな場合に一定以上の金額の支払いが免除される限度額適用認定証 www.kyoukaikenpo.or.jp

こどもにかかる医療費の負担が免除される乳幼児医療費助成制度(埼玉県の場合) www.pref.saitama.lg.jp

人間が生きていく上で多かれ少なかれ病院のお世話になることはあるでしょう。

健康保険や、社会福祉の仕組みが充実しているからこそその恩恵にあずかることができ、安心して医療サービスを受けることが出来るわけです。

これらの制度、補助は本当に助かってます。 人と人が優しく助け合える社会がこれからも続くことを願っています。

2020 年を振り返る

恐らく世界中の誰もが忘れられない1年にあったであろう2020年ももうすぐ終わります。

多分誰もが今年は新型コロナウイルスに振り回され続けた1年だったと思います。 それぞれの行動が大きく制限され、生活や仕事にも大きな影響が出た人も少なくないかと思います。

私も例外では無く在宅勤務が主体となりました。

そんな中で働き方や生き方を色々考えさせられる一年となりました。

rxjun.hatenablog.com

rxjun.hatenablog.com

rxjun.hatenablog.com

rxjun.hatenablog.com

緊急事態宣言や、外出の自粛要請などもあったため正直今年は外出はかなり控え目な1年でした。

宅飲みが流行ったのも、時代の流れですかね。

rxjun.hatenablog.com

今年個人的にもう一つ大きかったのがつい先日も取り上げた子供の誕生です。

rxjun.hatenablog.com

妊娠が判明したのは春先。まさに新型コロナウイルスの感染拡大が進み始めた頃でした。 出産予定が年末だったので、この頃は

「さすがに年末には落ち着いているでしょ」

なんてのんきに思ってましたが全然そんなことは無く、寧ろ年末が近づくほど感染拡大は深刻化する一方。 大晦日には遂に東京での一日の感染者数が1000人を超える事態になってしまいました。

www3.nhk.or.jp

年末には色々公私ともにトラブル続きで、blogの更新も滞りがちになってしまいました。

rxjun.hatenablog.com

自分に子供が誕生したのは非常に喜ばしいことではありますが、世界は不安に包まれており先が見通せない状況になっています。 子供のためにも早くこの状況が改善して皆が笑顔で触れあえる日が来ることを祈念しております。

今年もお世話になりました。 2021年もよろしくお願いします。 f:id:rxjun:20201231235045j:plain

子供が産まれました

特に隠していたわけではないのですが、先日我が家に新しい家族が増えました。

f:id:rxjun:20201225144101j:plain

今更ですが私も人の親になりました。

最近ブログの更新をサボり気味だったのも、この関連もあったし仕事が猛烈に忙しかったこともあったし・・・

2020年は本当に公私ともに中々の激動の一年でした(まだ終わってないけど)

妻も悪阻や様々なトラブルに苦しみ中々大変な日々だったと思います。 私は私で仕事の環境の激変と新たな業務への挑戦、そしてはじめての救急搬送などトラブルまみれで心身ともに大分疲弊しました。

それらの苦労も含め、なんとかこの世に生まれでた一つの小さな命で少し報われた気がします。 当然、これが終わりではなく始まりなのですが、細やかな幸せを噛み締めたいと思います。

テネット/TENET

以前から気になっていたクリストファー・ノーラン監督の最新作、テネットを観てきました。

wwws.warnerbros.co.jp

元々、ノーラン監督好きでこれまでも

等を観てきました。(インターステラーは観てないけど)

本作では、名前が明言されないCIA工作員の「名も無き男」が主人公。 ウクライナキエフで起きたテロの鎮圧作戦に参加するも、テロリスト側にとらえられ身柄を拘束されてしまう。最後は用意していたカプセルを飲み自決を試みるが、それは睡眠薬にすり替えられていた。

テロと思われていたのは「名も無き男」の適正を調べるためのテストだった。

「名も無き男」はある研究所を訪れ、そこで「時間を逆行する弾丸」の存在を知る。

彼は様々な経緯を経て「未来から時間を逆行して過去に対する攻撃をしかける未来人との戦い」という存在を知るようになり壮大な戦いに巻き込まれていく。

ストーリーのプロットが複雑で、時間と人間、組織の関係が多重的に幾層にも重なっている。

特にキーとなっているのが「時間の逆行」。 いわゆるタイムトラベルのように「過去のある時間に瞬間的に移動」するのでは無く、あくまでも「時間をさかのぼる」点が違う。

例えば1週間前の時点に戻ろうしたら、時間を「反転」させて1週間かけて過去に戻らないといけない。

逆行状態になると時間の進行が未来→過去へと反転するので、状況によっては

  • 順行(通常の時間進行)の自分

  • 逆行(反転した時間進行)の自分

が同じ瞬間に出会うこともある。

これが特に複雑で、いくつかのシーンで順行と逆行で複数の登場人物で絡みあうと中々理解が難しい。 この複雑な状況を生かした作戦なども展開しており中々一度で理解するのは難しい構造になっている。

とても私ではまとめて説明できないので、詳細は以下で(但し、ネタバレ有りなので未見のかたは読まないで)

note.com

さすがに、初見では理解できない部分があったので、久々に映画のパンフレットも買いましたw パンフレットとネタバレサイトを「映画を観た後」に読むことでようやく全体の構造が理解できました。

いやはや、中々難解で見ごたえのある映画でした。

クリストファー・ノーラン監督自身

  • MEMENTOでは記憶が5分しか持たない主人公を追体験するために、時間を徐々にさかのぼって状況説明

  • インセプションでは夢の時間の潜ると上位よりも時間の進行が遅くなる

  • ダンケルクでは、各視点での違う時間軸での状況を並行して表現

など徹底して「時間」の進行を題材にしたストーリーテリングを得意としてきた。 今回のテネットはその集大成的な感じで、時間の進行が複雑に入り組んで見事な映像を仕上げてきた。

中々万人受けが難しい映画ではあるけど、時間SFやスパイ映画が好きな人にはハマると思います。

オススメ!

メメント [Blu-ray]

メメント [Blu-ray]

  • 発売日: 2010/12/22
  • メディア: Blu-ray

インセプション [Blu-ray]

インセプション [Blu-ray]

  • 発売日: 2011/07/20
  • メディア: Blu-ray

コロナ禍最中のジロ・デ・イタリア。大荒れもありつつ進行中。

今年の年始に飛び込んできたDAZNサイクルロードレースの配信から撤退という衝撃的なニュース。

rxjun.hatenablog.com

ここ数年、グランツールの中でもツール・ド・フランスブエルタ・ア・エスパーニャはJSPORTSで放送されていたが、ジロ・デ・イタリアだけはDAZNでの配信だった。

そのDAZNサイクルロードレースから撤退ということで 「日本で、今年のジロ・デ・イタリアを観る方法はあるのか?」 と、やきもきしていましたが、紆余曲折あって結局世界的な自転車専門チャンネルであるGCN(Global Cycle Network)の日本向けサービス(GCN Japan)が開始され、ここで観られるようになった。

racepass.globalcyclingnetwork.com

配信のサブスクリプションモデルとしては

  • 900円/月 の月額課金

  • 5500円/年 の年額課金

の2パターンから選べる。

DAZNはF1やJリーグ等の多種多様なスポーツの配信を行っているとはいえ、1,750円/月となっている。 以前はDAZN for docomoの名称でドコモユーザーであれば980円/月だったが、それも値上げとなってしまった。

av.watch.impress.co.jp

確かにいろんなスポーツが観られるのは良いけど、肝心のサイクルロードレースがなくなり、しかも値上げとあっては最早DAZN固執する必要はまるっきりないので退会。 多分二度と契約することはないでしょう。

GCNはサイクルロードレースだけしかないですが、まぁ金額だけ見ればそんなに高くはない。 ただ真面目に観るレースは決して多いわけではないので、とりあえずジロ・デ・イタリアを観るために月額のコースで試すことにしました。

例年であれば5月〜6月頃に開催されるジロ・デ・イタリアですが、今年はコロナ禍の影響で開催が延期。 一時は開催自体も危ぶまれましたが、ツール・ド・フランス終了後の10/3〜開催という異例の日程に。

例年になく9月〜10月のサイクルロードレースが過密スケジュールになっているようです。

今回は初日からITT(個人タイムトライアル)、初っ端からTTスペシャリストたちの熱い戦いが繰り広げられました。 結局初日のトップを飾ったのは、先日のUCI世界選手権のタイムトライアルでも優勝しTTのアルカンシエル(チャンピオンジャージ)を纏ったフィリッポ・ガンナ(イネオス・グレナディアーズ)。圧巻の走りで他を圧倒しました。

ただ、この日ミゲル・アンヘロ・ロペス(アスタナ)はTT中の転倒で負傷し、DNF(リタイア)。 アスタナとしてはエースのヤコブ・フルサンを支える最重要アシストの一人でもあり、場合によってはフルサンに取って代わって総合上位を狙えるほどの実力者だっただけに初日での脱落は非常に残念でした。

www.cyclowired.jp


Giro d'Italia 2020 | Stage 1 | Highlights

総合争いとしては、過去にもグランツール制覇の実績がある

  • ゲラント・トーマス(イネオス・グレナディアーズ

  • サイモン・イェーツ(ミッチェルトン・スコット)

等が好成績を収め、その後の活躍が期待できる・・・・と思われていたが悲劇が・・・

シチリア島の有名な火山、エトナ山を登るStage3 の序盤。スタート前のニュートラ区間(実質パレードラン)で、ゲラント・トーマスが他選手の捨てたと思われるボトルを踏んでしまい転倒。


Addio Giro d'Italia, Geraint Thomas si ritira: ecco la terribile caduta

なんとか起き上がり、レースを続けましたが、精彩を欠きこの日だけでトップから10分以上遅れる大ブレーキに。

更に翌日の検査で骨盤の骨折が判明し、無念のリタイアに。

www.cyclowired.jp

更にもうひとりの優勝候補だったサイモン・イェーツはStage8開始前の、PCR検査でCOVID-19の陽性反応が出たためこちらもリタイア。

www.cyclingnews.com

優勝候補選手が序盤で相次いで脱落するという、異例の事態は本当に残念。

そんな大荒れの展開の中で、Stage8終了時点での各賞ジャージは

  • マリア・ローザ(総合)・・・ホアン・アルメイダ (ドゥクーニンク・クイックステップ)

  • マリア・チクラミーノ(ポイント)・・・アルノー・デマール(グルパマFDJ)

  • マリア・アッズーラ(山岳)・・・フィリッポ・ガンナ(イネオス・グレナディアーズ)

  • マリア・ビアンカ(ヤングライダー)・・・ホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)

連日熱い戦いと熾烈なサバイバルとなっている厳しいグランツールですが、今後どうなるかみものです。

今回初めてGCNの配信によるライブ中継を観ていますが、正直まだまだ課題はあるというか全体的なクオリティに若干の難ありという気はしますが、観られないよりはマシなので我慢してみてます。今後配信体制がより強化されることを祈念しています。

ジロ・デ・イタリア 2005 スペシャルBOX [DVD]

ジロ・デ・イタリア 2005 スペシャルBOX [DVD]

  • 発売日: 2006/01/25
  • メディア: DVD

ジロ・デ・イタリア 2007 スペシャルBOX [DVD]

ジロ・デ・イタリア 2007 スペシャルBOX [DVD]

  • 発売日: 2008/01/25
  • メディア: DVD

色々ありました。

一部の方にはお伝えしてますが先週、生まれて初めて救急搬送されました。

幸い大事には至っていませんが、身体には色々とダメージが残りました。 健康というのは本当に大事だと身に染みて感じました。

妻が居てくれたので異常に気付くことが出来ましたが、独りだったらどうなっていたことか。 本当に胆が冷えました。

皆様本当に健康には十分ご留意下さい。

ツール・ド・フランス2020終了、若手のタディ・ポガチャルが歴史的な逆転劇で劇的な勝利!!

f:id:rxjun:20200921144639p:plain

コロナ禍の中で行われたツール・ド・フランス。 ある意味、開催こそされた物の最後まで続けられるかどうかも不明な異例の体制の中で実施された。

今年は、前年のブエルタ・ア・エスパーニャを制覇し、絶好調のプリモシュ・ログリッチェを要するユンボ・ヴィスマと昨年のツール・ド・フランスの覇者、エガン・ベルナルを要するイネオス・グレナディアーズの一騎打ちになる物と見られていた。

初日は観光地としても知られるニース。 ツール・ド・フランスの当初の開催予定で合った7月であれば、まず降ることの無かった雨が初日から降り注ぐ。 めったに雨の降らないニースと言う事もあり路面のゴミや油などが浮くことになり多くの選手が転倒し大荒れの初日となった。

youtu.be

今回は全般的に山岳ステージが多い事から、平坦ステージを得意とするスプリンターにとっては中々辛い年ではあったが、 それでも数少ないスプリントステージは劇的な争いとなった。

そんな中でも、存在感を示したのが カレブ・ユアン(トレック・セガフレード) ワウト・ファンアールト(ユンボ・ヴィスマ) サム・ベネット(ドゥクーニック・クイックステップ)

www.cyclowired.jp

www.cyclowired.jp

www.cyclowired.jp

中でもファンアールトは平坦ステージだけで無く、山岳ステージでもチームエースのログリッチェのアシストを献身的に勤めるなどオールマイティな才能を示した。

一方で、若手の台頭も目立った年で、マルク・ヒルシ(サンウェブ)はステージでもいくつか逃げを決め、12ステージでは念願のステージ優勝も果たしている。

www.cyclowired.jp

最終的には、総合敢闘賞も獲得しており、今大会一番の成長株と言っても良いだろう。

そんな中での総合争いでは、イネオスのエガン・ベルナルが3週目にしてリタイア。

www.cyclowired.jp

序盤から中盤まで何とか先頭集団について行くも精彩を欠いた動きを続けていたが、背中の痛みがおさまらないということもあり大事を取ってレースから去ることになった。

2015年から5年連続でツール・ド・フランスの総合優勝を我が物としていたチーム・スカイ→イネオスの歴史が遂に途絶えた瞬間でした。

一方で総合優勝争いは プリモシュ・ログリッチェ(ユンボ・ヴィスマ) タディ・ポガチャル(UAE チームエミレーツ) のスロベニア出身の2名による一騎打ちとなっていた。

最終日直前の20ステージに、個人TT(タイムトライアル)があったがこの時点でトップのログリッチェに対してポガチャルは約50秒遅れていた。

グリッチェ自身、TTは得意と言う事もありこの時点でほぼ総合優勝はログリッチェで決まりだろう・・・

と思っていた

が、ここでドラマが起きた!!

www.cyclowired.jp

グリッチェも決して悪くはないタイムだったが、ポガチャルがそれを圧倒的に上回る驚異的な速度でTTを走破! 50秒近くあった総合差をひっくり返し、逆に50秒近く差を付けててしまった(トータル2分近く速かった)

youtu.be

全力で走ったにもかかわらず、ポガチャルに負けて呆然とするログリッチェの顔が印象的だった。

https://ichef.bbci.co.uk/onesport/cps/976/cpsprodpb/A7BB/production/_114493924_primozroglic.jpg

そのまま勝敗は決着、劇的な結末となった。

終結

総合成績(マイヨ・ジョーヌ) https://www.cyclowired.jp/sites/default/files/images/2020/09/21/ayano2020tdf21e-1192.jpg

1位:タディ・ポガチャル(UAE チーム・エミレーツ) 2位:プリモシュ・ログリッチェ(ユンボ・ヴィスマ) 3位:リッチー・ポート(トレック・セガフレード)

タディ・ポガチャルは山岳賞、ヤングライダー賞のジャージも手にしなんと三冠の偉業達成。 僅か21歳(レース中に22歳になったそうだが)での偉大すぎる勝利です。

ポイント賞は サム・ベネット(ドゥクーニック・クイックステップ) が獲得。

ここ数年、ペーター・サガンの独壇場だった緑ジャージを奪い取った。

長いようで短かった3週間のツール・ド・フランスも終わり。 いや、開催すること自体奇蹟だったとは言え、楽しませてもらいました。

Fate / Stay night [Heaven's Feel] 第三章

ようやく見てきました HFの最終章。

www.fate-sn.com


劇場版「Fate stay night Heaven’s Feel」Ⅲ spring song 大ヒット公開中PV

これまで一章、二章を観てきたので当然三章も観るつもりでいました。

rxjun.hatenablog.com

rxjun.hatenablog.com

本当は、今年の春先に公開する予定だったが、コロナ禍で公開が延期に延期を繰り返しようやく8月に公開。

まさにHFの実質的な主役とも言える「桜」の時期である春公開であればもっと現実とのシンクロも高かったんでしょうねぇ。

原作であるFateのゲームはセイバールートしかやっていないので、桜ルートは今回の映画が初見なのですが前作である一章、二章の展開を見る限り

「これ、どうやっても桜が幸せになる結末なんてないやろ」

と思ってましたが・・・まさかこういう結末に持っていくとは。

ネタバレ有りなのでここで改行・・・・

続きを読む

Garmin Vivo active 4購入

以前、Garmin Vivo move HRを導入してライフログを記録していました。

rxjun.hatenablog.com

ずっと、心拍や歩数、睡眠などのライフログを記録し続けていたのですが、記録自体は問題ないのですが一部画面表示に問題が・・・

Vivo move HRはアナログの針で時刻を表示し、画面下部に有機ELの小さな表示部があり、ここをタッチパネルでそうさすることで連携したスマホからの通知を受け取ったり、アクティビティのスタート、ストップのトリガをかけることが出来る。

しかし、ある時期からこの有機EL部が視認が困難なほど暗くなってしまった。

設定で表示部の明るさを変更できるのだが明るさを最大にしても殆ど見えないほど。 動作自体は問題なく動いておりちゃんとライフログの記録も出来ているんだけど、肝心の画面操作が困難な状況では使い続けることが難しい。

修理することも考えたけど、まぁこの機会に折角だから買い換えることに。

これまでもGarminのデバイスGarmin Connectで記録をし続けてきたので出来れば同じ環境で継続してデータを取り続けたいので、次もGarminにする前提で色々調べてみた。

で、結局これにしました。

www.garmin.co.jp

f:id:rxjun:20200819170317j:plainf:id:rxjun:20200819170357j:plain
Vivo Move active 4の箱


vivoactive 4シリーズ

Vivo move HRが物理的な針の盤面と、有機ELサブ画面の組み合わせだったのに対して、Vivo active 4は全面液晶画面です。

画面は半透過型のメモリインピクセル(MIP)の液晶です。 本音を言うと、画面はお世辞にも綺麗ではないです。 スマートフォンの高精細な画面に馴れているとドットも粗めだし発色もくすんだ感じでイマイチ。

一応半透過型と言う事もあり、屋外で使う場合は太陽光下であれば結構はっきり見えますが屋内の暗めの環境だと少し見づらくなります。(一応バックライトもあるので、暗い場合はバックライトで見ることも出来ますが)

f:id:rxjun:20200822143349j:plain
屋外の例、太陽光下ではっきり見える

f:id:rxjun:20200822145033j:plain
暗い屋内の例、画面が暗くて見づらい

ただ、その代わりと言ってはなんですがバッテリの持ちは悪くないです。 仕様上はバッテリの想定寿命は

  • スマートウォッチモードで5日

  • GPSモード+音楽再生で5時間

  • GPSモードのみで11時間

と言う事ですが、中々持つ感じです。 数週間使って試した感じでは3〜4日に一回くらいお風呂に入っている間30〜1時間ほど充電すれば良いレベルです。

実はVivo active 4とほぼ同等スペックで画面が液晶では無く有機ELで表示が鮮やかなVivo Venuと言うモデルもあります。

www.garmin.co.jp


VENU あふれだす魅力。

こちらの方が画面は明らかに綺麗らしいのですが、どうやらこちらは盤面の常時表示には対応していないようです。

また、スマートウォッチと言えば世界で一番売れているApple Watch

www.apple.com


Apple Watch Series 5、登場

こちらはバッテリがせいぜい1日しか持たないらしい(使ったことないので知らんけど)ので、普段使いで時計として使うには常時表示でバッテリが持つVivo active 4がベストとでは無いかと思いました。

以前使っていたVivo move HRと比較しても

  • 全面ディスプレイ化による盤面表示のカスタマイズ

  • GarminのConnect IQプラットフォームによるスマートウォッチアプリへの対応

  • GPS内蔵による位置情報の把握

  • ICカード機能内蔵によるSuica電子マネーへの対応

等様々な機能の追加がされているので、この辺の使いこなしについては追々また取り上げていきたいと思います。

GARMIN vivoactive 4 Black/Slate 010-02174-17

GARMIN vivoactive 4 Black/Slate 010-02174-17

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: スポーツ用品

GARMIN vivoactive 4S Black/Slate 010-02172-17

GARMIN vivoactive 4S Black/Slate 010-02172-17

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: スポーツ用品

GARMIN Venu Blue Granite/Silver 010-02173-07

GARMIN Venu Blue Granite/Silver 010-02173-07

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: スポーツ用品

ツール・ド・フランス2020いよいよ

サイクルロードレースの最高峰、ツール・ド・フランスの2020年レースがいよいよ開幕です

www.jsports.co.jp

本来は、今年開催されるはずだった東京オリンピックの前の7月に実施予定だったがCOVID-19の影響で変更となり、一時は開催自体も危ぶまれる状況だったがおよそ2ヶ月の遅れでようやく開幕。

引き続き厳重な感染対策等もあり例年とは異なる体制とはなりそうだが開催できてよかった。

www.cyclowired.jp

スタートリストはこちら

今年のラインナップからすると

の2チームを軸にレースが進行するだろうという予想。

ただ、ログリッチは直近に開催されたクリテリウム・ドゥ・ドーフィネで転倒に巻き込まれ怪我をし、総合トップの成績ながら最終日にリタイアをするなど心配される状況。イネオスもベルナルこそ出場したが、絶対的エースと言われたクリス・フルームやゲラント・トーマスが事前の予想を覆しメンバーから外れるなど不安要素もありそう。

今年のコースプロファイル的には過酷な山岳が非常に多く、スプリンターが総合成績を狙いにくいことからクライマー有利と言われている。

マイヨ・ジョーヌを着てパリに戻るのは果たして誰なのか? 今年も目が離せない3週間が始まった