Re:RXJ Station

RX-JUNのブログです。ガジェット系ニュース、テクノ系音楽、カメラ、バイクの話題、アニメ、英語、本や音楽のレビューなどをだらだらと駄弁ります

2016年3月期アニメ雑感

もう4月に入ってしばらく経つけど、ようやく3月期のアニメを一通り見終わったので雑感。

 

僕だけがいない街

 



原作の評判が極めて高かったこの作品。

リバイバルと呼ばれる特殊な能力を持った主人公が、かつて起きた殺人事件をリバイバルによって突き止めていく物語。

最後の最後まで見てようやくタイトルの「僕だけがいない街」の意味が通って愕然とした。

 

ものすごく練られたシナリオと、各キャラクターの魅力が素晴らしかった。

3月期最高の一作。

 

ルパン三世

 

ルパン三世 イタリアン・ゲーム [Blu-ray]

ルパン三世 イタリアン・ゲーム [Blu-ray]

 
ルパン三世 PART IV オリジナル・サウンドトラック ~MORE ITALIANO

ルパン三世 PART IV オリジナル・サウンドトラック ~MORE ITALIANO

 

 


「ルパン三世」オープニング映像

 

良い意味でも悪い意味でも、かつてのルパンを今のアニメ技術で蘇らせた作品。

映像のクオリティは昔と比べれば遙かに上がっているし、舞台を(ほぼ)イタリアに特化したことでイメージを統一させたことも大きい。

 

ただ一応全体の核となっているはずのレオナルド・ダ・ビンチ関連のエピソードがどうにもこうにもつまらない。

年始にスペシャルとして放送された「イタリアン・ゲーム」が実質前半1クールの総集編だったのも残念だったし、ストーリー的には消化不足感があった。

 

・灰と幻想のグリムガル

 

 


『灰と幻想のグリムガル』ノンテロップOP

 

原作を全然知らずにアニメを見始めたが想像を良い意味で裏切られる面白さだった。

突如件と魔法とモンスターが現れる見知らぬ世界に放り出され、記憶も殆ど失われた若者達が少しずつ環境に適応しながら困難に立ち向かっていく。

 

最近だと珍しくない、オンラインRPGに迷い込んだ世界の話なのかと思ったが、そう言う描写は一切無い、また剣と魔法の世界ではあるが主人公達は決して優れた能力を持つスーパーヒーローではなくゴブリン一匹にも四苦八苦する始末。

 

ファンタジーな世界で人が生きてくために何が起きるのかを真正面から見つめた斬新な切り口の作品だった。水彩画を思わせる背景も印象的だった。良作。

 

ヘヴィーオブジェクト

 

「ヘヴィーオブジェクト」Vol.1<初回生産限定版>【Blu-ray】

「ヘヴィーオブジェクト」Vol.1<初回生産限定版>【Blu-ray】

 
ヘヴィーオブジェクト (電撃文庫)

ヘヴィーオブジェクト (電撃文庫)

 
「ヘヴィーオブジェクト」Vol.2<初回生産限定版>【Blu-ray】

「ヘヴィーオブジェクト」Vol.2<初回生産限定版>【Blu-ray】

 

 


Heavy Object ヘヴィーオブジェクト OP l Opening l One More Chance l [HD]

 

「とある」シリーズを手がける鎌池和馬氏の作品。

既存の兵器が通じない超兵器「オブジェクト」を巡る大国の様々な陰謀にクウェンサーとヘイヴィアが限られた資源と知略を巡らせ問題を解決していく。

 

切り口としては非常に斬新で良かったが、どうしても大国の組織やオブジェクトの作りなどに手抜き感が感じられて少し残念。

 

・紅殻のパンドラ

 


» Koukaku no Pandora 紅殻のパンドラ OP / Opening 「Hopeness」


» Koukaku no Pandora 紅殻のパンドラ ED / Ending 「LoSe±CoNtRoL」

 

原作:士郎正宗、マンガ:六道神士と言う事で個人的には凄く気になっていた作品だったんだが・・・何というかとても残念、と言うかはっきり言えば駄作。

全般的に製作予算が足りない感がバリバリ、作画は雑だし演出も意味不明な「間」が多くてテンポが悪いし、決してシナリオ自体がつまらないわけでは無いんだろうが、全般的な作りの雑さが気になって、見ていて苦痛だった。

 

・ブブキ・ブランキ

 

 


「ブブキ・ブランキ」プロモーションビデオ | 2016年1月9日(土)より放送開始 @bbkbrnk #ブブキ


「ブブキ・ブランキ」番宣CM30秒 | 2016年1月9日(土)より放送開始 @bbkbrnk #ブブキ

 3DCGを全面的に採用しているサンジゲンの新作。

前作の蒼き鋼のアルペジオから映像が更に進化して、とてもCGに見えない自然さはよかった。

ただ、シナリオが全般的に繋がりが悪く、何をしているか分かりにくい面があった。

2シーズ目も企画はあるそうで期待。

 

ガンダム・鉄血のオルフェンズ 

 


機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズOP2【Gundam iron-blooded orphans】


MISIA -「オルフェンズの涙」MV

 

ガンダムシリーズの新作。これまでのガンダムシリーズと比較して硬派で泥臭いエピソードを敢えて多くしたらしい。

確かにあまりご都合主義的な部分は無く硬派ではあった

 

が、残念ながら主人公の三日月が冷徹すぎて、ちょっと感情移入ができなかった。

 

他にも色々見たけど・・・

まぁこんな感じ。