読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:RXJ Station

RX-JUNのブログです。ガジェット系ニュース、テクノ系音楽、カメラ、バイクの話題、アニメ、英語、本や音楽のレビューなどをだらだらと駄弁ります

I'll save you all my justice/古代祐三

これだけは聴いておけ! ゲームミュージック

The Scheme- 03. I'll Save You All My Justice - YouTube

 

古代祐三は本当にゲーム音楽の歴史を語る上で決して欠くことの出来ない作曲家の一人であると言って間違いない。

 

このThe Schemeのサウンドトラックは古代氏が独立してから始めて手がけた作品。

当時まだ殆ど使いこなされていなかったPC-88のSoundboardIIと言うYAMAHAの4オペレーターFM音源(OPNA)を駆使したサウンドは衝撃だった。

 

おそらくPC向けのゲーム用の音楽で始めてADPCMをサウンドに使ったのはこのThe Schemeだろう。

元々FM音源はその原理特性上ドラムなどのパーカッション系をあまり得意としない音源だった。そこを補う為にThe Schemeの楽曲ではADPCMでスネアを鳴らしたり、オーケストラヒットに使ったりしてる。

とは言いつつも、30年近く前の音源チップなのでメモリも貧相で、ADPCMのサンプリングレートも低いのでよくよく聞いてみると、サンプリング音源にヒスノイズを感じることが出来る。

 

OPNA自体は一応「ステレオ」音源とは言われてるけど、実際は左右バランスで100:0、50:50、0:100の3パターンしか選べないのでステレオと言うよりは2chなだけだ。

 

そんな制約だらけの環境でも高いクオリティの楽曲が多かった。

「The Scheme」自体はPC-88用のアクションゲームだったがゲーム自体は凡百なもので決して出来が良いと言えるものでは無かった。

当時

「ゲーム本体よりもサントラの方が4倍売れた」

と言う噂もあったほどサントラに注目の集まった作品でした。

 

個人的にはThe Schemeのサントラが古代祐三の最高傑作だと思うし、と同時にFM音源サウンドの最高峰であるとすら思っている。

 

そんな古代祐三がこの土曜日、ゲームサウンドクリエイターの集うニコ生のトーク番組「おとや」のスペシャルゲストに呼ばれます。是非観ましょう。

(私は関係者じゃ無いよ)

 

www.gamer.ne.jp