読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:RXJ Station

RX-JUNのブログです。ガジェット系ニュース、テクノ系音楽、カメラ、バイクの話題、アニメ、英語、本や音楽のレビューなどをだらだらと駄弁ります

MacOS X Yosemiteで写真アプリが変更。Aperture難民に・・・

つい先日リリースされたMac用のOS X Yosemiteの新しいアップデート10.10.3が出た。

 

安定性やセキュリティの向上は問題ないのだが、一つ大きな変化が・・・

かねてから噂されていたOS標準の写真管理アプリが変更になった。

 

www.itmedia.co.jp

 

これまでOS Xの標準写真管理アプリとしては「iPhoto」が長らくその地位にあった。

またiPhotoより高度な写真管理が出来る有償ツールとして「Aperture」が提供されていた。

それが今回の10.10.3から新しいアプリに変わった。その名も「写真」(本来の名称は「Photos」らしい)。

 

確かにアップデートすると、iPhotoが消えてる。そして「写真」に変わってる・・・

f:id:rxjun:20150414001249p:plain

そして、強引に「iPhoto」のライブラリは「写真」のライブラリに置き換えられる

 

 

 

 

うわあああああああああ、なんか使いにくい

 

iPhone/iPad用の写真アプリと操作性、管理性を統一したらしいけど・・・

ごめん・・・無理、使いにくい・・・

 

 

Apple謹製ツールの悪い癖として、全てをメタデータで管理し、ユーザーにファイル単位での簡易をさせようとしない

 

ところ。iTunesなんかもその傾向が強くて、適当に音楽ファイルぶち込むと勝手にメタデータでフォルダ分けされてしまう。

1つのCDアルバムでも複数のアーティストのコンピレーションアルバムとかのCDを取り込むとアーティスト毎にフォルダがつくられてしまい,バラバラにファイルが置かれてしまう。

 

今回のPhotosもそれに似たような感じで、写真が撮影された日と場所で強引に整理されてしまう。ファイルやフォルダ構造など完全無視。

 

iPhotoもApertureもメタデータベースだけど、まだユーザーがいじる余地があったけど、今回のPhotosはもう殆どユーザーがいじれない。

 

んー、iPhotoが消えちゃったんじゃしょうが無い・・・Aperture使うか・・・と思ったら。

 

 

うわああああああ!iPhotoライブラリが使えなくなったのでApertureでも写真が開けないorz...

f:id:rxjun:20150414003356p:plain

 

今まで殆どApertureで写真管理してたので、いきなり使えなくなるのは困る・・・

Appleさんなんて事してくれたんや・・・・

 

Appleは時々こうやって従来のツールや機能をいともあっさり切り捨ててしまうことがあるのが辛いよなあ。

Windowsでこんな事やったら大変だぞ・・・

 

Windows8で「スタート」メニューを消しちゃったせいで散々叩かれて結局8.1ではスタートメニュー相当のものを復活してしまったくらいだし・・・

 

 

とりあえず「写真」を使いこなす気にならないので別の管理ソフトに移行しようと・・・

やはり実質RAW現像で使い物になるのって、AdobeLightRoom位しか無いのかなぁ・・・

 

www.adobe.com

 

てことでLightRoomの体験版を試してます。