読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:RXJ Station

RX-JUNのブログです。ガジェット系ニュース、テクノ系音楽、カメラ、バイクの話題、アニメ、英語、本や音楽のレビューなどをだらだらと駄弁ります

坂本真綾/シングルコレクション+ミツバチ

音楽 レビュー アニメ music

シングルコレクション+ミツバチ(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

シングルコレクション+ミツバチ(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

坂本真綾さんのシングルコレクション的なベストアルバムの第3弾
第1弾が「ハチポチ」
第2弾が「ニコパチ」
そして今回が「ミツバチ」
って事でタイトルが面白いですね。

今回は2004年以降のシングルを全て収録しているとかで、
1曲目の「ループ」で思い出しましたが、それまで真綾さんの楽曲は基本、菅野よう子がデビュー以降一貫してプロデュースしてきて「約束はいらない」や「プラチナ」などの数々のヒット曲を生み出してきましたが、この「ループ」で始めて菅野よう子のプロデュースから離れてそれまでとは雰囲気の異なる楽曲で新たな一歩を踏み出したのでした。

当初、私としては坂本真綾ファンであると同時に菅野よう子のファンでもあったので、「菅野よう子の曲じゃ無い坂本真綾」似凄い違和感を感じていました。

このまま方向性が変わっていったとして自分は坂本真綾のファンで居続けられるのか?少し不安に思ったのも事実です。

ただ、これはこれで「一人の坂本真綾」としてしっかり自立して歩き始めた新しい一歩として聴けるようになりました。
思えばこの「ループ」をきっかけに真綾さんの表現力がより一層高まったように思います。

そう言う意味ではこれまでの2つのシングルコレクションとは異なり、これこそが独り立ちした坂本真綾の等身大の集大成なのかもしれない。

オススメです!