読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:RXJ Station

RX-JUNのブログです。ガジェット系ニュース、テクノ系音楽、カメラ、バイクの話題、アニメ、英語、本や音楽のレビューなどをだらだらと駄弁ります

jdkバンド2010ライブ

ゲームミュージック イベント

falcom公式サイト
と言うわけでfalcom jdkバンドの2010ライブに行ってきました。

2部構成だったんですが、私は純粋にバンドとしてのライブが見たかったので2部のみ参加としました。

過去2008(川崎のチネチッタ?)、2009(秋葉原)のライブにも参加したので今年で3年連続。

今回は恵比寿のリキッドルーム。クラブイベント(たしかHardfloorの来日ライブとか)で何度か来たことはあるけど、こう言う系統でリキッドルームに来たのははじめてだな。

あの広いリキッドルームが超満員の大入り。
falcomサウンドの人気の根強さを実感。

たまたま、私が入った近くに外国人の方がいらっしゃいました。話を聴いているとどうやら米国から来て今は日本に住んでいるとのこと。
しかも昔からfalcomのサウンドが好きで、「ソーサリアン」や「風の伝説ザナドゥ」の頃から好きだとか。

すげぇな、どう見ても日本ローカルなゲームだったFalcoが海外にまでファン層が居たとは。


そんなこんなでライブ開始

某所のセットリストをパクらせてもらうと

  • ストッパー(英雄伝説II
  • YS vs 空の軌跡 OPボーカル版
  • Mighty Obstacle(Ys6ボス)ボーカル版
  • 「誓い」(原曲:愛しのエレナ/イース3)
  • 「way of life」(零の軌跡主題歌)

MC

  • ルード城(白き魔女)(ボーカルなし)
  • アガットのアは赤毛のア(YS vs 空の軌跡)(ボーカルなし)
  • over drive(イース)(ボーカルなし)
  • バレスタイン城(イース3)(ボーカルなし)
  • イース7OP(ボーカルなし)

MC

  • OLHA (イース6)

ENCORE

  • TO MAKE THE END OF DiGGING(ぐるみん)(ボーカルなし)
  • TO MAKE THE END OF BATTLE(Ys2)(ボーカルなし)

MC

もしかして「ぐるみん」の曲がライブで演奏されたのは史上初では?
しかし、来月リリース予定の「零の軌跡」とか先日出たばかりの「Ys vs 空の軌跡」などの新しい作品ばかりでなく、初期の英雄伝説やイースの初期の楽曲などもあり、新旧いずれのファンも楽しめる内容になっていました。


いまのjdkは昔のゲーム音楽バンド花盛りし頃のJ.D.K Bandとは全く異なる新しいバンドですが良い意味で、新しいjdkを築けていると思います。

途中のMCでバンドメンバー紹介時のネタとして「夏の思い出」を一人一人語ってもらうと言うネタ振りがされましたが、ギターのアンジェロのコメントが秀逸。

「おれ、元々あまり外に出ないので夏の思い出って無いんだけど、中学時代に(初代)ドラスレ英雄伝説で延々とスライムいじめしていたのが思い出」

アンジェロって金髪に染めていてリア充っぽいイメージを勝手に持っていたんだけど、ゴメン、俺らと同じ人種だったようだwww

バンドとしての演奏云々もそうだが、観客との一体感という意味でのライブパフォーマンスの質が年々上がっており、今回も最初から最後まで上がりっぱなしで最高でした。

今回は初の試みとしてustreamでの生中継も実施され、1000人以上の人がライブ中継を見ていたようです。

ファルコムは昨年より「ファルコム音楽フリー宣言」を提唱しており、ライブでの写真撮影や録画も自由。

そしてイベントやコンテンツでの使用にも制限をしないと言う画期的な宣言をしている。

以前のPCゲーム市場の雄として名を馳せていた頃から比べると、今のゲーム市場全体に占めるファルコムの認知度、地位は明らかに低くなったと言わざるを得ない。

しかし、メインプラットフォームをPSPに絞った昨今は地味に品質、音楽などの面で完成度の高いゲームを次々とリリースしている。

jdkバンドを新しい形で数年前に復活させたのもその一環だろう。

常にファンとの距離を縮めようと言う努力が見えるファルコムを今後も応援していきたい。でも、たまにはPCにもちゃんとゲームを出して欲しい。

ファルコムjdkバンド 2008春

ファルコムjdkバンド 2008春


英雄伝説 零の軌跡 (限定ドラマCD同梱版)

英雄伝説 零の軌跡 (限定ドラマCD同梱版)